メニュー

1型糖尿病がロタウイルスワクチンで発症を減らす?③

[2019.07.20]

こんにちは。丸山内科クリニックの丸山康典です。

今週は1型糖尿病の発症の減少をロタウイルスワクチンが減らすのではという内容でした。

1型糖尿病は発症が減ることは患者さんにとっては大変嬉しいことです。また1型糖尿病は医療費も大変かかる病気と言われております。10代で発症すると、患者さんの負担は1生涯で1000万に到達すると言われております。(もちろん、就労の機会損失が無いと仮定して)

日本やフランスのような国民皆保険制度のある国では医療費の増大が国の財政を圧迫している状況ですので、このような1型糖尿病の予防に関する研究は今後も求められています。

1型糖尿病の治療の治療も進歩してほしいですが、予防に関してもより進歩してほしいものですね。
今日も読んでいただきありがとうございました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME