メニュー

高血圧治療ガイドライン2019 ①

[2019.04.26]

こんにちは。GWは雨模様の日も多いみたいですね。

さて日本高血圧学会は、5年ぶりに改訂となる「高血圧治療ガイドライン2019」を発表しました。
 「NIPPON DATA 2010」などの調査によると、日本の高血圧有病者数は4,300万人に上るが、うち57%(2,450万人)しか治療を受けていないという結果でした。
高血圧は脳卒中、心筋梗塞、心不全などの最大の原因であり脳卒中はその後遺症とともに要介護の大きな原因になっています。

また高血圧があると腎臓病や認知症にもなりやすいと言われております。

昨日はこの高血圧に関するガイドラインが変更となりました。海外ではSPRIT研究の影響もあって以前より日本より厳しめの血圧コントロール目標を設定することが、患者さんの利益になることがわかっていたため、日本より少しだけ厳しめの目標値が採用されてました。

今回の変更はそれに批准する形になります。

長くなってしまいました。続きは次回にいたしますね。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME