メニュー

痛風は慢性腎臓病のリスクを3割上昇させる②

[2019.10.24]


こんにちは。副院長の丸山康典です。
BMJOPEN詩2019;9:e031550の解説です。
<研究対象>
A.18歳以上の痛風患者68897人(イギリス人)
B.A群に年齢、性、既知のCKDリスク因子をマッチさせた554965人(イギリス人)
<研究方法>
CKDの進行を下記の①-④と定義
①透析or腎移植の導入
②糸球体濾過量が10未満
③ベースラインからの血清Crの倍増
④CKD関連死
A群(痛風あり)とB群(痛風無し)観察期間中央値3.68年で観察を行い種々のリスク因子で調整しますと
A群はB群に比べてCKD進行が29%上昇しました。(ハザード比1.29m95%信頼区間1.23-1.35mP<0.001)
今日も読んでいただいてありがとうございました

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME