メニュー

少量DOACでの脳梗塞予防への挑戦①

[2020.12.14]

こんにちは。
今日の話題はN Engl J Med 2020; 383:1735-1745からです。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2012883

気になる記事がありまして共有させていただきます。

 

・心房細動と脳卒中の関係

心房細動は心臓に起こる不整脈の一つです。心臓だけの問題ではなく、不整脈による血栓から脳梗塞を起こすことが問題でした。

これまで心房細動の患者様で脳梗塞のリスクが高い方には血栓ができにくくするお薬(抗凝固薬)を処方されてきました。

ただ、その薬の欠点として、血栓ができにくくなる半面、消化管や脳などの出血が増えることが問題でありました。

 
今回の研究はこれまで使用されてきた血栓をできにくくする薬を80歳以上の高齢者に少量で処方することで出血などを防ぎつつ、脳梗塞を予防できるのでは無いかということで計画されました。

長くなりましたので次回に試験の結果を解説しますね。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME