メニュー

夕食を早く済ませると食欲のコントロールが容易になるかもしれない③

[2019.08.10]

 

こんにちは。副院長の丸山康典です。

今週ご紹介する医学記事はObesity誌 2019; 27: 1244~1254に記載されていた記事ですね。
その概要を前回説明しました。今日はその結果について糖尿病専門医、内分泌代謝専門医としての感想になります。

体重を減らすために絶食時間を長期に作るという方法ですね。
人類は進歩の過程で狩猟から農作を行うようになり食物の長期保存の方法を覚えて発達してきました。

そのためこの方法をとるのはまるで狩猟を生業としていた時代の生活、つまり狩猟で採取したらすぐに食べるの生活に近くしたのかな、、、と思いました。
狩猟のうまくいかない時に空腹感を和らげるシステムが人間の体にはそなわっているのでしょうか、、、

ですが、現代の飽食の時代に方法で食欲のコントロールのための方法として再発見されるのは大変興味深い所です。
食欲というのは脳の視床下部という極めて原始的な領域でコントロールされております。

食欲というのは3大欲求の一つでありますので、よっぽど強い意志がないと理性でコントロールをするのは難しいので賢い方法を知っておきたいものです。
今日も読んでいただきありがとうございました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME