メニュー

メトホルミンに関するニュース③

[2019.12.21]

こんにちは。副院長の丸山康典です。

メトホルミンに関する話題提供を今週はさせてもらいました。

糖尿病治療薬の中で最も安いけれど、もっとも使われているのがメトホルミンです。
その魅力はここだけでは書ききれないのですが、正しい使い方をすれば大変有効なお薬です。

製薬会社から見ればメトホルミンは薬価が安すぎてまったく儲からないのでいまさら広告費も研究費も出ないようなお薬です。しかし比較的若年者の肥満の糖尿病患者さんには一番に処方する薬で、正しい使い方をすれば非常に優れた薬剤であると考えてます。

近年いくつかの薬剤がコスト面からの製造中止、供給停止(製薬会社に利益が乏しい)になっており、製造中止にならないかいつも心配です。

薬価の高い新薬ラッシュの中、このような地味だけど堅実な薬もあります。
次回2020年4月の薬価改定ではさらに医療費抑制のため薬の値段は下げる方向に動きそうであるということですが、国家としてもこういった優れた薬剤については適切な薬価設定を許可してほしいものです。


今日も読んでいただきありがとうございました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME