メニュー

アルツハイマー病と糖尿病の関係について②

[2019.04.19]

さてこんにちは。丸山康典です。

 2型糖尿病患者では脳でもインスリン抵抗性が起こっていると考えられており、アルツハイマー病患者の脳ではインスリンが受容体によるシグナル伝達をうまく起こせないことが示唆されております。アルツハイマー病の要因は、脳内のインスリンシグナルが破綻することだと考えられています。
 そこで研究チームは、2型糖尿病とアルツハイマー病をつなぐメカニズムとして、「インスリンシグナルの障害」に着目し、研究を行いました。

 研究チームは、加齢とともに脳にアミロイドβがアミロイド斑として蓄積するようにしたモデルマウスに、高脂肪食を与え、あるいはインスリンシグナル伝達に重要な「IRS-2」を欠損することでインスリン抵抗性の誘発し、アミロイドβの蓄積を調べた。IRS-2は、インスリンの細胞内でのシグナル伝達で重要な役割をはたしている受容体基質だ。
 その結果、高脂肪食を与え続けると、臓器での炎症性シグナルやストレスシグナルが増え、脳でインスリン抵抗性を引き起こし、アミロイドβの蓄積も増えた。また、IRS-2を欠損したマウスは、それだけではアルツハイマー病の原因になるアミロイドβは増えないが、高脂肪食を与え続けると糖尿病の病態が悪化し、アミロイドβの蓄積も増加することが分かりました。 このように、食事によって引き起こされるインスリン抵抗性によって、アルツハイマー病の発症が促進されることが明らかになりました。
 さらに、高脂肪食の食べ過ぎにより脳のアミロイドβが増加しても、その後に食事療法を行い高脂肪食を制限することで、インスリン抵抗性が改善し、それに応じて脳のアミロイドβ蓄積も可逆的に減少することも分かりました。

 アルツハイマー病の発症メカニズムはすべてが解明されているわけではなく、有効な治療法もまだないが、その発症にインスリン抵抗性が関わっていることが分かっております。
 今回の研究では、インスリンの働きの低下と関係なく、高脂肪の食事を摂り続けることで脳に異変が生じ、アルツハイマー病の原因になるアミロイドβが蓄積することが明らかになりました。

糖尿病患者さんは認知症の危険度が高いので、いかに認知症への進行を防ぐかと、、、考えながら普段より治療を考えて行っております。たとえば低血糖の回数と認知機能低下には相関関係があることが示されており、低血糖を避けるように治療を行ったり、注射製剤であるGLP1受容体作動薬には認知症の進行を抑制する効果も期待され、海外では治験も組まれていることよりGLP1受容体作動薬を導入したりしております。

どうやらそれだけでなく、脂肪の少ない食事 いわゆるジャパンダイエットが期待されているようですね。

また高脂肪食は視床下部の炎症を介して摂食刺激を促す作用を有しているという研究もあります。

糖質制限をしている方ではどうしても脂質の摂取量が増える傾向にあるので、是非この分野についてもさらに脂質の種類(飽和脂肪酸VS非飽和脂肪酸など、、)についても研究を進めてほしいなと思います。

https://n.neurology.org/content/92/3/e212

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME