メニュー

がんサバイバーと心血管病①

[2019.10.07]

こんにちは。副院長の丸山康典です。今週紹介する医学記事はLANCET誌、2019.8.20の記事です。

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(19)31674-5/fulltext

医学の発達によってがんが治癒し生存している人達を「がんサバイバー」と表現します。
このがんサバイバーは心不全や心筋症が多く、とくに抗がん剤の1種であるアドリアマイシンによる心筋症は非常に有名です。

今回イギリスの観察研究で20種類のがんの診断をされた108215人と対照群523541人を比較して心血管病の発症を観察した研究になります。それでは次回に試験の詳細について説明しますね。


Strongman H, et al. Lancet. 2019 Aug 20.

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME