メニュー

いつか尿検査が子宮頸がんの検診方法になるかも③

[2019.05.31]

こんにちは。丸山内科クリニックの丸山康典です。

今日は前回の続きで下記の文献をご紹介します。

BMJ Open(2019; 9: e025388)
https://bmjopen.bmj.com/content/9/4/e025388.long

前回までの内容を簡略に書くと、

・子宮頸がんの原因はHPVというウイルスである
・一般的には婦人科で塗抹標本検査が必要で羞恥心のため受診を忌避する傾向にある
・塗抹標本検査では無く尿で検査してみてもそれほど結果は悪くなかった

という結果でした。
今回の結果から、尿検査により子宮頸部前がん細胞を検出できることが示され、今後婦人科での塗抹標本検査から尿検査に移行する可能性も長い目で見れば考えられそうですね。

それでは今日も読んでいただき。ありがとうございました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME